「仕事辞めたい。。」を「仕事辞めよう!」に。

仕事辞めさせ屋のエッセー。『嫌な仕事』は辞められるし、『好きなこと』は始めればいいよね!

『喰いっぱぐれのない人生』を求めるのなら、資格取得よりも半農半X

「喰いっぱぐれのない人生をおくるにはどうすればいいんでしょうか?」

と女性から質問されることがあります。

 

その根底にあるのは、将来に対する不安からくる安定志向なのだと思います。


男性社会の中では、女性は男性化しないと上に行けません。

(まぁ、男性もですけど)

男女差別のない、社会レースといえば聞こえはいいですが。


手に職をつけるといって、とりあえず資格取得される方もいますが、資格が安定収入を保障するわけではないんです。

資格はあくまで補助的なものです。

人から認められたいという、承認欲求からくる資格取得は、たぶん、エゴが絡んでいるので、うまく使いこなせないのではないでしょうか?


手に職をつける というのなら、自分の食べる分を育て、収穫するというように、直接手に食を。って考えてもいいと思いませんか?

「いや~、そんなのムリ~」

って思った人は、やっぱりムリなんでしょうけど。

でも、そういう方向性を意図して、例えばいまの時期からできることはなんでしょう?

プランターで小松菜やほうれん草を育てたりはできそうじゃないですかね~?
ビーリーフとかも。

カモミールなどのハーブもいいですね~。

(この時期からだとちょっと遅いかな)

f:id:naotankikimax:20151019133740j:plain

少しでもいいから、行動してみれば、次にやりたいことが見えてきます。

やるなら楽しんでやりましょう~。


 

半農半Xって何?」


半農半Xというのは、半分農業をやって必要な分だけ自給自足して、もう半分は自分の得意なこと、好きなことをしようというライフスタイルです。

 

1990年代から提唱されていますが、いまの時代にぴったりくるワードだと思います。

 

ダウンシフト、ダウンシフターズって知ってますか?

一生懸命働いて、もっともっと、とお金を稼ぐのではなくて、必要な分だけを稼ぎ、あとはのんびりと好きなことをして暮らすという生き方です。

 

減速生活者と呼ばれます。

 

仕事に追われる日々から抜け出したい人は、ちょっと調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

【参考】

 「メキシコの漁師」の話

matome.naver.jp

大好きなお話のひとつです。 

いま、毎日シエスタするか、引退してからシエスタするか。

 

 

 書籍『減速して自由に生きる ーダウンシスターズ』

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

減速して自由に生きる: ダウンシフターズ (ちくま文庫)

 

 

 システムから降りて好きなことをしても大丈夫!

 経済成長を追い求める企業でストレスを抱え自分の時間もなく働く人生よりも、小さく自営し、人と交流し、やりたいことをしたい。

そう考えた著者の、開業までの道のりと、開業の様々な具体的なコツと考え方、生き方を伝える一冊。

 

 

『減速する生活・・ダウンシフト!』

ameblo.jp

 「忙しくしてないと、たくさん働かないと、自分の時間を犠牲にしないと、お金はいただけない・・というのが、思いっきり刷り込みだと分かりました。」

 

 

『”いい加減”に生きてください。』

ameblo.jp

まじめな人ほど、このタイトルに違和感があるかもしれませんが、生きるということを楽しむ視点に気づける記事です。

 

 

『働くと遊ぶではなくすべてを遊びにしてしまえばいい』

hetakichi.hatenablog.com

すべてを遊びにしてしまえば、毎日が楽しいですよね。

人のため、社会のために役立つことを目的として働くのではなくて、楽しくてやっていることが、結果的に人の役にも立っていたというのがいいなぁと私は思います。